ガレージハウスの間取りや外観を画像付きでご紹介!価格の相場なども!

ガレージハウス

車やバイクが好きな男性なら、ガレージハウスは憧れの住まいではないでしょうか。
愛車が濡れることもなく、休日はガレージでメンテナンスを……と夢が広がりますよね。
しかし住まいである以上、家族の使い勝手や安全、費用などについても十分に検討する必要があります。

この記事では、ガレージハウスの間取りや外観画像、気になる建築費の相場などについてご紹介いたします。

 

 

ガレージハウスとは

ガレージハウスとは、家の中にガレージを造り、車庫と家が一体化した住まいのこと。
インナーガレージ、ビルトインガレージと呼ばれることもあります。

車庫としての用途だけではなく、広めに造ったガレージに趣味のアイテムをディスプレイしたり、友人を招いてバーベキューをしたりと、様々な楽しみ方ができるのがガレージハウスの醍醐味。まさに男の隠れ家といえるでしょう。

 

ガレージハウスのメリット

ガレージハウスのメリットは、愛車を盗難やいたずらなどから守れること。
シャッターを閉めれば防犯性がより高まり、強い風雨にさらされることもありません。
ガレージに停めている間は汚れないので、洗車の頻度が減るという効果も。

家族にとっては、雨の日でも濡れずに車に乗れるのはとても便利です。
まとめ買いした荷物も濡れることなく、室内へ運ぶことができます。
家と車の動線を短くできるのはガレージハウスならではのメリットといえるでしょう。

また、ガレージを広く造ることができれば、家族の自転車やバイクを一緒に保管したり、ゴミの一時置き場として使ったり、場所をとるアウトドア用品の保管場所としても活用することができます。

 

ガレージハウスのデメリット

ガレージハウスのデメリットは、何といっても価格面です。
理想のガレージを形にしようとすると一気に値段が跳ね上がってしまうことも。
また、狭小住宅の場合は1階がほぼガレージになります。
耐震性を確保する為、鉄筋コンクリート造にするケースが多く、建築費が上がる一因となっています。
※木造で対応している会社もありますので、気になる業者さんへお問合せしてみると良いでしょう。

税金面ではメリットとデメリットのどちらに転ぶか、事前にリサーチしておく必要があります。
ガレージ部分が建物全体の延べ床面積1/5までなら、基本的に固定資産税の計算(容積率の計算)から除外されます。
但し、建築申請時にガレージが延べ床面積から除外されても、固定資産税の税率計算で延べ床面積に算入されてしまった、というケースもあるようです。

地方自治体によっても評価が変わるので、税金についてはガレージハウスに精通した専門家や工務店に相談できると安心でしょう。

費用以外のデメリットとしては、居住空間が狭くなること、排気ガスに対する換気設備が必要になることなどが挙げられます。

また、家周辺の道路事情によっては車が停めにくいガレージになってしまうことも。
道路に対して直角に車を停める場合は、道路幅が6メートル必要といわれています。
ガレージハウスの土地選びは、隣接する道路事情も重要になるでしょう。

 

 

ガレージハウスの間取りをご紹介

ガレージのある家の間取りはどうなるのでしょうか。
間取り図とともに4つのプランをご紹介します。

 

いつでも愛車を眺められるガレージハウス

 

View this post on Instagram

 

クーパーさん(@kupa9291)がシェアした投稿


ビルトインガレージに大きなパティオ(中庭)が隣接した広さにゆとりのあるプランです。
リビングからいつでも愛車を眺めることができます。
サッシを開ければ、ガレージ・パティオ・リビングまでがひとつの空間に。
色々な使い方ができそうです。
ディスプレイコーナーとバーカウンターも併設し、一日中家に居ても飽きることが無さそう。

 

ガレージからお風呂へ直行できる間取り

 

View this post on Instagram

 

アトリエオーブさん(@atelierorb)がシェアした投稿


ガレージの作業で汚れても、洗面所とお風呂へ直行できる間取りなら家の中が汚れません。
ガレージから洗面所を抜けてパントリーまで一直線の動線は、まとめ買いをした日にも大活躍。

 

生活空間と切り離したビルトインガレージ

36坪-3LDK

ガレージと生活空間をしっかり分離し、換気面でも安心できる間取りです。
上部にロフトがあるので、アウトドア用品や使用頻度の低いアイテムを収納することができます。
玄関までの動線も短いので、勝手口がなくてもアクセスはスムーズですね。

 

平屋のガレージハウスの間取り

 

View this post on Instagram

 

西村和也さん(@sndnst1108)がシェアした投稿


ガレージと収納庫が直結しているプラン。
重さのあるストック品も最短の動線で収納することができます。
隣にあるクロークに上着を収納できるのも便利ですね。
広さがあるので、鞄やスーツケースなども置いておけそう。

 

 

ガレージハウスの価格

新築でガレージハウスを建築すると費用はどのくらい掛かるのでしょうか。
建築工法や土地の条件によっても変わりますが、ガレージには最低限5坪ほどのスペースが必要になります。

木造ガレージハウスの場合は、坪単価で約60~80万円が費用の相場となっているようです。
価格にすると約300~400万円が目安となるでしょう。

 

 

オシャレなガレージハウスのご紹介

ガレージハウスのオシャレな外観や内装の画像をご紹介します。
家づくりの参考にしてみてくださいね。

 

ディスプレイがオシャレなガレージハウス

 

View this post on Instagram

 

株式会社岩橋建築さん(@iwahashikenchiku)がシェアした投稿


アメリカンなアイテムを気の向くままにディスプレイ。
遊び心たっぷりのオシャレなガレージハウス。

 

クール×ナチュラル

 

View this post on Instagram

 

株式会社岩橋建築さん(@iwahashikenchiku)がシェアした投稿


壁一面収納でメンテナンスや趣味のアイテムをたっぷり収納できますね。
鉄骨の梁が無骨でカッコいいガレージハウス。

 

大空間のガレージハウス

 

View this post on Instagram

 

株式会社SYNCさん(@syncsogood)がシェアした投稿


こちらは鉄筋コンクリート造のガレージ。
鉄筋コンクリート造は大空間のガレージを造れることがメリットです。
2階は木造で混構造の住宅となっています。

 

ブルーのガレージハウス

 

View this post on Instagram

 

BLBUILDさん(@blbuild)がシェアした投稿


青空と一体化してしまうほど真っ青な外壁のガレージハウス。
ウッドデッキの下がガレージになっています。

 

魅せるガレージハウス

 

View this post on Instagram

 

株式会社ハウスキューブさん(@housecubeidea)がシェアした投稿


格子のシャッターから美しくライトアップされた車の様子が伺えます。
道行く人の目も楽しませるガレージハウスです。

 

平屋のガレージハウス

 

View this post on Instagram

 

kyoooko.111さん(@kyoko_home.a)がシェアした投稿


可愛らしくもすっきりとした外観でガレージの存在は控えめ。
カフェのような外観のガレージハウスです。

 

いつでも一緒のガレージハウス

 

View this post on Instagram

 

Bene style (有)原 建築さん(@benestyle2003)がシェアした投稿


リビングに隣接したインナーガレージ。
いつでも愛車を眺められるのは、ガラス戸ならではのメリットです。

 

真似したいガレージ収納アイディア

 

View this post on Instagram

 

タイコーアーキテクトさん(@taiko_architect)がシェアした投稿


ディアウォールと有孔ボードで作ったディスプレイ収納。
費用も掛からないので、ガレージハウスにぜひ取り入れたい収納アイディアです。

 

 

まとめ

家と一体のガレージハウスはリフォームや後付けで造ることは難しいので、費用やデメリットなども熟考して決断することをおすすめします。

また、ガレージのデザインは外壁やエントランスもあわせて考えていくと、コーディネートがしやすくなります。
ご家族の意見も取り入れながら、素敵なガレージハウスを作りたいものですね♪

  • 北欧の住宅機能とデザインで日本の暮らしを豊かに