輸入住宅の価格について。新築や中古など、金額の目安やお得に建築するコツをご紹介。

輸入住宅_価格「ちょっとオシャレな住まいが欲しい」と考えたときに、輸入住宅の購入を検討する人も多いかもしれません。
住まいの外観が日本の住宅とは違った独特さがあり、内装もオシャレ。
全体的に華やかな雰囲気に包まれているのが輸入住宅の大きな魅力です。

輸入住宅には、アメリカン風、南欧風、北欧風というように、さまざまなタイプがあります。
地域ごとにデザインや建て方が違いますが、どれも素敵でマイホームを外から眺めるのが楽しくなりそう。

そんな輸入住宅ですが、やはり気になるのは価格のこと。
海外から資材を輸入するので、高くなりそうなイメージが強いものですよね。
「リーズナブルに購入したい」のなら、中古の輸入住宅を購入するという選択肢もあります。

そこで、”新築”と”中古”のそれぞれのメリットも踏まえながら、輸入住宅の価格的なお話についてまとめてみました。

 

新築vs中古…それぞれのメリットとは?

輸入住宅を購入する時の選択肢としては、新築だけでなく中古住宅もあるので、それぞれのメリットについて考えてみましょう。

 

輸入住宅を新築で建てるときのメリット

「レンガでレトロ感のある外壁にしたい」「真っ白な可愛らしい家に住みたい」「対面式の明るいキッチンが希望」「家族みんなの部屋が欲しい」「庭を見渡せる多角形のリビングで暮らしたい」など、あらゆる希望を形にできるのが新築のメリットです。
輸入住宅を購入する方々は、「オシャレな家に住みたい」と、外観や内装などの見た目のデザイン性にこだわる方が多いですが、洗練されたライフスタイルを送りたい人には、自分の”理想”をすべて形にできる新築がおすすめかもしれません。

 

中古の輸入住宅のメリット

中古の輸入住宅を選ぶ大きなメリットは、新築よりも低価格で購入できることでしょう。
経済的な状況で新築は手が届きにくくても、希望のエリアや予算に合う中古の輸入住宅が見つかれば、かなりお得感があるかと思います。
輸入住宅は基本性能が良いので海外では中古でも値落ちしづらいのですが、日本では”中古”というだけで安くなっている物件もある為、お宝住宅に巡りあえることも。

それに、すでに建物が建っているので中を見学してから購入できるというメリットがあります。
新築の輸入住宅でも事前に展示場を参考にできることも多いですが、実際に住む地域も含めて購入前に物件の確認ができると、”暮らしのイメージ”が掴みやすいですよね。
部屋から見える景色、窓を開けたときに感じる風など、「ここに住んだらこんな暮らしができそう」というイメージが具体的に見えてくるのが嬉しいポイントですね。

 

高級なイメージがあるけれど… 輸入住宅の価格はどのくらい?

洋風な輸入住宅は「凝ったデザイン」が印象的です。
外観だけでなく、内装も日本の部材とは違ったものが多く、高級なイメージを持つ人も多いでしょう。
ドアや玄関・窓・照明など、通常目にするものとは異なるものが多いので、価格の予想がつかないからかもしれません。
実際のところ、どうなのでしょうか。

 

輸入住宅の価格は?

ひとくちに輸入住宅と言いますが、タイプによって価格が異なります。
天然の木材やレンガなどを多く部材に含めているときは高くなったりもします。
だいたい2000万円前後から4000万円くらいが建物(上物)の平均相場となっているようです。

また、輸入住宅は言葉通り、海外からの”輸入”による部材で建てられる住宅です。
その為、輸入住宅の価格には円相場の状況が響きます。
一般的に海外のものが安く輸入できると言われる”円高”の時期だと部材価格に反映され、比較的お得に購入できると考えてもいいかもしれません。

 

坪単価だけで計算しない

たくさんのハウスメーカーで輸入住宅を販売していますが、平均的に見ると坪単価は50~80万円程度がほとんどです。
建物を建てる際に”坪単価”を目安にすることも多いですが、輸入住宅の場合はそれだけに惑わされない方がいいでしょう。

当然ですが、標準的な仕様よりも部材にこだわりを持てば、坪単価は上がってしまいます。
日本の住宅でも言えるものですが、外壁・フローリング・壁紙など部材のグレードを高くすればそれだけ単価にも上乗せされることになり、最終的な見積価格を見てビックリすることもあるかもしれません。

また、吹き抜け部分も計算上含められるケースもあるので輸入住宅を検討するときには、総合的な見積価格やその内容をしっかり理解しておくことが大事です。

 

ローコストに抑えるコツは?

新築の輸入住宅を建てるときには、外観のデザインや内装にかなりこだわりを持つかもしれませんが理想が膨らむとあっと言う間に価格が高くなり、予算内に収まらないことも…。
理想ポイントのすべてにこだわると予算オーバーになってしまうこともしばしば。
では、費用を抑えるためのコツについて見ていきましょう。

 

シンプルな構造にする

1階と2階の形状がほぼ同じ、いわゆる”総2階”というシンプルな構造になると価格は安く抑えられる傾向にあるでしょう。
また、輸入住宅で見かけることがある”多角形”の部屋は一般的な四角形と違い、建築には手間と技術が必要になり価格に影響します。
部屋の入口や通路の形に丸みをもたせたデザインにする、丸くカーブした階段にするなど、形を変えると作業の難易度が増し相場よりも坪単価があがります。
価格を抑えるにはシンプルな形状にするのがおすすめ。

シンプルな形状でも輸入建材を使うことにより、高い質感を出すことができるのも輸入住宅の嬉しいポイントです。

 

スタンダードなものを選ぶ

輸入住宅では、木の風合いのあるナチュラルな住宅デザインが多く見られます。
ただ、こだわりを強く持ちすぎると価格が高めになるので、なるべくスタンダードなものを選択するのが価格を抑えるコツ。

床なら、無垢材でも樹種によっては価格を抑えることもできます。
また、塗り壁など職人の手間がかかる壁材よりも壁紙などを選べばリーズナブルとなるでしょう。

外観でも壁材を2種類使ったり、窓枠の縁を装飾したりなど、標準仕様に追加した部材が多くなると価格は高くなってしまいます。

 

都市部を避けて建築する

輸入住宅のこだわりは譲れない…という人は、土地の安い地方に建築するのも価格を抑えるコツとなるでしょう。
敷地が広く、資材を運搬しやすく建てやすいので、建築費が安くなります。
同じ予算でも大きめの輸入住宅を建てられるときもあります。

人口が減少している日本では、各地方自治体が積極的に転入者を囲い込もうとしていますので、公共交通機関に不便を感じない場所などを探し、”子育て世代が住みやすい街”や”住民税が比較的安い街”などを候補として探してみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

日本にいながら海外の雰囲気を味わえる輸入住宅。
「輸入住宅に憧れているけど手が届かない…」なんて思う時代は過去のこと。
安く抑えるコツさえ分かれば、ローコストでオシャレな輸入住宅に住めるチャンスはいくらでもあります。
新築が難しいという人も、中古で購入することもできます。
予算が合うなら新築で細部にまでこだわりを持ってマイホームをプランニングしていくのも楽しいでしょう。

予算が膨らまないように”家を建てる際の優先順位”をイメージしておくと、部材選びのときにスムーズにプランニングができるかと思います。
質を下げないように”素材の選定”をメーカーさんと相談しながら進めるのも、思っているより初期コストを抑えられるポイント。

そして輸入住宅はオシャレなだけでなく、高性能住宅です。
最初のコストを抑える為に安い建材などを使い、後々取り替えなどが頻繁に発生してしまっても本末転倒。

人生の中心となるマイホーム。
家族みんなで理想のライフスタイルを思い描きながら、話し合ってみてくださいね。