北欧住宅の内装デザインについて。北欧住宅に合うインテリアや家具などをご紹介!

北欧住宅_リビング4

「北欧住宅のインテリアに憧れるけれど、素敵にまとめるにはどうしたらいいの?」
シンプルに見えて、とてもよく考えられているのが、北欧住宅の内装とインテリアです。
“美しくありながら、機能的であること”、これが北欧スタイルの基本的な考え方。
家具や照明にも、その考え方が色濃く反映されています。

家具や照明、ファブリックを上手に取り入れるためにも、北欧住宅の内装の特徴からご説明していきましょう。

 

いつでも自然を感じることができる北欧住宅の内装

北欧の長く厳しい冬。
日照時間の少なさをカバーするために、北欧住宅は先人の知恵によって進化を続けてきました。

シンプルでモダンな外観の北欧住宅ですが、室内に入ってみると、窓の多さと明るさに驚きます。
窓を大きく取り、数を増やすことで、まるで外にいるような自然との一体感が生まれます。
家の中にいても、いつでも森や湖を身近に感じることができるのです。

北欧住宅の内装デザインは木や石、レンガを中心とした自然素材で構成されています。
中心となる素材はもちろん“木”です。
木の温もりは、わたしたちに穏やかで心地よい空間を与えてくれます。
新築時には、木の香りに癒され、時間とともに味わいのある素材へと変化していきます。

時間の経過とともに、深みと美しさを増していく。
ワインのように、ヴィンテージが愛されることも北欧住宅の特徴です。 

 

北欧住宅に映えるインテリアは「自然(ナチュラル)」がキーワード

インテリアは北欧住宅の内装を生かすために、シンプル&ナチュラルが基本です。
白を基調とすることで、自然素材の持ち味を引き立てます。
アースカラーを取り入れて、自然に調和させるという方法もありますね。

また、観葉植物や木の枝を飾ると、一気に北欧インテリアの雰囲気が出てきます。
インテリアにも“自然”を取り入れることで、より北欧らしさが高まるのです。
シンプルでモダンな室内も素敵ですが、柄物をアクセントに使うのも北欧流です。
北欧を代表するインテリアブランド“マリメッコ”の華やかな花柄(ウニッコ)が有名ですね。
他にも植物や鳥など、自然を感じるモチーフが多いのが特徴といえるでしょう。

「華やかな色柄のファブリックに挑戦してみたいけれど、失敗しないか不安…」
そんなときは、クッションやファブリックパネルなど、面積の小さいものから挑戦してみましょう。
お部屋の中に1点あるだけでも、インテリアに動きが出てきます。

 

美しさと機能性を兼ね備えた北欧の家具と照明

北欧の家具や照明は美しく、オシャレなデザインのものが多いですよね。
デザインだけではなく、機能性も兼ね備えているのが北欧家具の特徴です。

“カールハンセン&サン社”の有名な椅子に「Yチェア」があります。
造形と機能の美しさを両立させた見事なデザインです。

美しいカーブのアームはどのような座り方をしても、すっぽりと体を包み込んでくれます。
ペーパーコードで作られた座面は驚くほど丈夫で、10~15年ほど持つそうです。

座面を張り替えて、椅子を家族で使い続けることも北欧では珍しくありません。
家はもちろん、家具も大切に手入れをし、受け継いでいくのです。

北欧デザインの照明で有名なものといえば“ルイスポールセン”のペンダント「PH5」ではないでしょうか。
北欧インテリアに興味のある方であれば、一度は目にしたことのあるかと思います。

重なるシェードはデザイン性だけでなく、光にグラデーション効果を持たせるために考え抜かれたもの。
光の反射と影からコントラストが生まれ、食卓が温かく穏やかな光に包まれます。
北欧インテリアを目指すなら、はずせない名作照明です。

フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトが設立したインテリアブランドが“アルテック”です。
建築家ならではの感性で、北欧住宅に溶け込みながらも、美しく凛とした佇まいの家具が印象的。
フィンランド産の木材を、アアルト独自の曲げ技法で加工したリビングチェアは、室内に置くだけで主役級の存在感を放ちます。

北欧住宅の家具や照明に共通して言えるのは「デザインが美しく誰からも愛され、メンテナンスをすれば永く使える」ということです。
高価な商品も多いですが、それだけの価値があるといえるでしょう。

 

北欧住宅のカーテンとラグ。定番スタイルとアクセントを付けるコツ

自然光に照らされる北欧住宅の床。
無垢材の床は、とても柔らかい印象です。
裸足で歩いても、木の温もりを感じることができます。

生活する中で多少傷も付きますが、それは家族の思い出と歴史の証。
時間が経つほどに愛着が増していきます。

無垢材のシンプルな床にベージュやグレーなどの落ち着いたカラーのラグは、北欧住宅の内装と相性の良い定番の組み合わせです。
ラグにイエローやレッドなどを使いこなす北欧インテリアも見かけますが、かなり高度な上級者のテクニック。
「でも、もう少し遊び心が欲しい……」
物足りなさを感じるのなら、少しくすんだアースカラーのものを選ぶと失敗が少ないですよ。
木を思わせるブラウン、草原を感じるグリーン。
柄物であってもアースカラー中心で構成されているものであれば、空間の調和が取りやすいでしょう。

カーテンにも同じようなことが言えます。
面積が大きくなるほどファブリックの主張が強くなるので、色柄ものを選ぶのなら慎重さが必要です。
サンプルだけで選んでしまうと失敗してしまうことも少なくありません。

北欧住宅のカーテンと言えば、前述している“マリメッコ”のような、可愛らしい柄を想像する方も多いかと思いますが、実際に北欧住宅のインテリアを覗いてみると、シンプルなカーテンがとても多いのです。
白系のカーテンで家を広く、明るく見せるのが定番のスタイル。
日照時間が少ない北欧ならでは知恵ですね。

「それでもやっぱり、ノルディック柄のカーテンにしてみたい!」
そんな時は、まず部屋全体の写真を撮ってみてください。
スマートフォンの画面や、プリントアウトした写真に写るお部屋を見ることで、部屋を冷静に俯瞰することができます。
写真にカーテンのサンプルをあててみると、さらにイメージが湧いてくるはず。
カラフルなカーテンはコーディネートが難しいので、色は2~3色にとどめておくのもコツです。
さらに、カーテンの色と同系色の雑貨を飾ると、カーテンの色とリンクし、まとまりのあるインテリアになりますよ。

 

まとめ

北欧住宅のインテリアは、家と自然、そして家族が主役です。
シンプル&ナチュラルを基本に、少しの遊び心や季節感を取り入れることで、オリジナリティを出し、自分に合った北欧スタイルを楽しんでみてくださいね。